黒石商業高校生が考案した津軽系こけしを駒にしたチェス「こけス」の世界大会が26日、黒石市の松の湯交流館で開かれた。子どもから大人まで、市内外の約20人がエントリーし、盤上の熱戦を繰り広げた。
【写真説明】盤面に集中する子どもたち

※詳しくは本紙紙面をご覧ください。