プロ野球・埼玉西武ライオンズに入団が決まったつがる市出身の佐々木健投手(24)=木造高-富士大-NTT東日本=が28日、同市役所に福島弘芳市長を訪ね、市内小中学校の野球チームに軟式球60ダースを寄贈した。佐々木投手は子どもたちに向けて「思いっきり打って投げて汚くして。足りなくなったらまた贈ります」と呼び掛けた。
 佐々木投手は高校卒業までの18年間を過ごした地元への恩返しと、球児への応援のために寄贈に訪れた。
【写真説明】軟式球を寄贈した佐々木投手(右から2人目)と福島市長(同3人目)ら

※詳しくは本紙紙面をご覧ください。