新型コロナウイルスの感染拡大が続く中、弘前市内の商業施設や商店街振興組合で、不特定多数の市民を会場に集める福引や抽選会など新年の恒例イベントを中止する動きが相次いでいる。一方で、コロナ禍だからこそ正月や初売りを楽しんでもらおうと、各種感染防止対策を講じた上で、後日当選番号を発表するくじを配布したり、「おうち時間」を充実させられるスイーツコーナーを設けたりと、工夫を凝らした企画を打ち出している。
【写真説明】ヒロロの「開運富くじ」を受け取りに来た親子

※詳しくは本紙紙面をご覧ください。