県は、世界文化遺産登録を目指す県内の縄文遺跡群の価値を広くPRし、理解を深めてもらおうと、県内の子どもたちに原画を募り、「縄文あおもりカレンダー2021」を作成した。優秀賞に選ばれた弘前東中学校3年伊藤大喜さんらの作品で構成している。
 カレンダーの作成は4回目。原画は7月6日~9月4日に「世界に誇るJOMON遺跡群」をテーマに県内の児童生徒、学生を対象に募集。応募された51作品から、優秀賞6作品、特別賞1作品、入賞18作品を選んだ。
 A3判(見開きA2判)の壁掛けタイプで5000部を作成。県内の学校や公民館、図書館などに掲示。「青森県の縄文遺跡群」ホームページで閲覧、ダウンロードできるほか、希望者には送付している(在庫がなくなり次第終了)。問い合わせは県世界文化遺産登録推進室(電話017-734-9183)へ。
【写真説明】県が作成した「縄文あおもりカレンダー2021」

※詳しくは本紙紙面をご覧ください。