県は25日、県民限定で1人につき1泊5500円を割り引く「あおもり宿泊キャンペーン新春」を来年1月1日から1カ月間にわたって実施すると発表した。販売数は2万泊分。今月末で終了する北東北3県対象の宿泊キャンペーンも、期間は延長しないものの、販売枠を撤廃し、完売済みの施設を含めて追加販売を始めた。
 新たなキャンペーンの実施は、22日に県内のホテルや旅館などでつくる2団体から要望を受けたもの。両キャンペーンとも政府の観光支援事業「Go To トラベル」の一時停止期間である28日~来年1月11日も利用できる。県は一時停止によって県内宿泊施設などが受けるダメージを緩和し、観光需要の喚起につなげたい考えだ。県民限定のキャンペーンの参加施設は24日午前9時現在、198施設。販売には既決予算1億1000万円を充当する。29日に特設サイトを開設し、同日から販売を始める。
※詳しくは本紙紙面をご覧ください。