JR東日本は23日、観光促進に向けた来年4~9月の東北デスティネーションキャンペーン(DC)に合わせ、弘前市内で駅や観光施設、公共施設など47カ所の乗降ポイントを結ぶ乗合バス・タクシーの運行を計画していることを明らかにした。ウェブか電話で当日予約すれば、一定料金で指定のスポット間を移動でき、来弘する観光客の移動、地域住民の生活交通での利便性向上を目指す。
※詳しくは本紙紙面をご覧ください。