文部科学省の国立大学法人評価委員会は23日、全国の国立大など84法人の第3期中期計画(2016~21年度)に基づく2019年度の業務実績評価を公表した。各法人が定める計画について、達成に向けた進捗(しんちょく)状況を評価するもので、弘前大学は今年度評価対象のうち「業務運営の改善及び効率化」について6段階のうち上から2番目の「一定の注目事項がある」との高評価を受けた。
※詳しくは本紙紙面をご覧ください。