ねぶた師支援のためのクラウドファンディング(CF)企画によるねぶた師14人のコラボレーション作品「特別ねぶた」が完成し、23日に青森市のねぶたの家ワ・ラッセでお披露目セレモニーが開かれた。関係者は全国から寄せられた支援に感謝し、来夏の青森ねぶた祭開催に向けて決意を新たにした。
 CFは青森観光コンベンション協会(奈良秀則会長)が企画。ねぶた祭の中止により、制作機会がなくなったねぶた師の支援を目的に目標金額2500万円を掲げたところ、全国から3546万2013円が集まった。
 特別ねぶたの題名は「願いの灯~薬師如来・玄奘三蔵と十二神将~」。ねぶた師14人が1体ずつ制作し、組み合わせて一つのねぶたにした。大きさは幅8・5メートル、奥行き6・8メートル、高さ5・2メートル。
 特別ねぶたは来年8月上旬までワ・ラッセに展示、来年の祭りに出陣する予定。
【写真説明】14人のねぶた師が手掛けた14のねぶたが競演

※詳しくは本紙紙面をご覧ください。