東北農政局は22日、2020年産水稲の市町村別の収穫量などを発表した。つがる市の10アール当たりの収量(単収、ふるい目幅1・70ミリベース)は19年産を1キロ下回る680キロだったが、18年産から3年続けて東北1位だった。生育期間中の好天から前年産並みの単収になった。
※詳しくは本紙紙面をご覧ください。