県経営者協会(七尾嘉信会長)が21日に発表した2020年度の雇用動向調査によると、雇用人員の状況について「不足」と回答した割合は18・5%で前年度比30・1ポイント減と大幅に減少した。新型コロナウイルスによる景気悪化で、事業規模を縮小している企業が増えていることが要因とみられる。
※詳しくは本紙紙面をご覧ください。