県などは7日、青森市、八戸市、上十三の3保健所管内で新たに20~50代の男女13人の新型コロナウイルス感染が判明したと発表した。県内で1日当たりの感染者数が10人を超えたのは11月4日の11人以来、33日ぶり。このうち八戸市の7人は、前日までに判明している感染者3人と同じ八戸市の職場に勤めており、県は職場内でクラスター(感染者集団)が発生したとの認識を示した。県内で判明した感染者は累計343人になった。
 7日の入院者は35人で、うち重症2人、中等症2人。
 宿泊療養者は7人、自宅療養者は4人、入院等調整中は17人となった。
※詳しくは本紙紙面をご覧ください。