弘前市の飲食店で発生した新型コロナウイルスのクラスター(感染者集団)が拡大した要因について、県健康福祉部の有賀玲子部長は7日、県議会環境厚生常任委員会で、「いろんな場所で初期対応について言われるが、一般的な店や人々を含め、弘前はそれまで感染者がいなかったこともあり他の地域と比べて少し緩んでいた状況だった」と私見を述べる一幕があった。
 同クラスターの発端となった飲食店では10月初めに従業員が症状を訴え、弘前保健所に複数回相談したが、検査には至らず感染判明が遅れた経緯がある。県は、この初期対応に問題がなかったか検証を進めており、今月中にある程度の結果を示すとしている。
※詳しくは本紙紙面をご覧ください。