今年9月から弘前市のサービス付き高齢者向け住宅サンタハウス弘前公園を拠点に活動している国際協力機構(JICA)海外協力隊の派遣前特別訓練生の壹岐満明さんと大野久美子さんが5日、同施設で活動報告した。
 活動を振り返った大野さんは「実はいろんな色を持つ『りんご色のまち』を目標に掲げる弘前に、これから行く赴任地においても大切な多様性を学べた。短い期間だったが、大勢の方とつながれたことが一番の収穫」とし「今後赴任地のケニアに行ったらオンラインで弘前の皆さんに元気な姿をお見せしたい」と話した。
 特別訓練生としての期間は、大野さんは7日までで、壹岐さんは延長し2月3日まで。また、新たに三重県出身の谷弘人さんの受け入れを開始した。
【写真説明】活動報告を行う壹岐さん(左)と大野さん

※詳しくは本紙紙面をご覧ください。