県議会定例会は2日、山本知也(自民)、山田知(無所属)、工藤義春(自民)、谷川政人(同)の4氏が一般質問を行った。三村申吾知事ら理事者側は(1)新型コロナウイルスとインフルエンザの同時流行に備えた県指定の「診療・検査医療機関」のうち、新型コロナとインフルの二つの検査ができるのは138機関(2)本県側の白神山地におけるニホンジカの目撃頭数は11月25日現在4頭で、昨年同時期より10頭減った-などと答弁した。
※詳しくは本紙紙面をご覧ください。