板柳町は11月27日、加熱調理した方がおいしさが増すリンゴ「クッキングアップル」を使った菓子研修会を町ふるさとセンターりんご加工開発館で開いた。フランス菓子研究家が希少リンゴ4品種を使って焼き菓子「トゥルティエール」の作り方を紹介。参加した町の女性らが皮はぱりっと、中身は甘酸っぱく焼き上がった菓子に舌鼓を打ち、4品種に親しんだ。
 調理向きとされる「カルヴィル・ブラン」「紅の夢」「はくりゅう」「美紅」の4品種を使用。「トゥルティエール」は祝い事の際に食されるという焼き菓子で、三久保さんは90センチ四方に薄く伸ばした生地で生リンゴを包み、U字に形成して焼き上げた。
【写真説明】トゥルティエールを試食する参加者

※詳しくは本紙紙面をご覧ください。