新型コロナウイルスの飲食店クラスター(感染者集団)が発生した弘前市内は、感染がほぼ抑え込まれるまで落ち着いたものの、飲食店が集まる鍛冶町の客足はいまだ戻らず、接待を伴うスナックも苦境に立たされている。休業を続ける店が多い中、感染防止対策に力を入れて営業を続ける同市のスナック「かんな」のオーナー山本千賀子さんは「お客さまと従業員を守れる在り方を模索したい」と話す。
【写真説明】アクリル板を設置したカウンター越しに接客するスナック「かんな」の山本さん

※詳しくは本紙紙面をご覧ください。