28日の県内は、明け方に低気圧が東北南部を通過し県内上空に寒気が流入した影響で各地で冷え込み、弘前市などで積雪が観測された。
 青森地方気象台によると、最低気温は黒石市で氷点下0.3度、青森市や弘前市など5カ所で0.3度、深浦町は0.9度を記録。津軽地域では青森市と深浦町などで今季最低となった。前日夜から早朝にかけて平野でも雪が降り、弘前市では午前5時までに最大積雪深4センチを記録した。
 早朝の弘前市では傘を差して先を急ぐ市民や、スマートフォンで白銀に染まった街中の風景を撮影する市民の姿が見られた。
【写真説明】一面銀世界となった弘前市民中央広場=28日午前7時20分ごろ

※詳しくは本紙紙面をご覧ください。