青森公立大学の学生が企画した「なみおか懐古展」が28、29の2日間の日程で、青森市浪岡交流センターあぴねすで開かれており、昭和の浪岡地区が分かる写真や資料などが紹介されている。
 かつての写真や資料を通じて地域住民と交流の場をつくろうと、足達健夫准教授ゼミ生の藤沢季莉乃さん、氏家瑞姫さん(4年)、山本響太さん、脇谷勇亮さん(3年)が企画。主に旧浪岡町時代の広報なみおかに掲載されていた1950~70年代の行事や建物の写真を紹介するとともに、現在の風景も撮影して比較できるようにしている。このほか、小中学校の統廃合など公共施設の変遷を地図で示した。
 最終日は午前10時から午後6時まで。
【写真説明】浪岡地区の懐かしい写真などが紹介されているなみおか懐古展

※詳しくは本紙紙面をご覧ください。