県は26日、新たに三戸保健所管内で30代男性の新型コロナウイルス感染を確認したと発表した。症状は軽症で既に医療機関に入院している。三戸保健所管内での感染確認は初めて。県内で確認された感染者は累計で285人になった。
 県によると、男性は24日に発熱やせき、関節痛などの症状が出て、25日にPCR検査で感染が確認された。県外への移動歴はなく、感染経路は分かっていない。同居人や知人など濃厚接触者が20人程度おり、今後、順次検査を行う。
 県によると、26日午後4時半現在で16人が入院しており、重症が2人、中等症が3人。宿泊療養や自宅療養中、入院等調整中の人はいない。263人が療養を終えている。
※詳しくは本紙紙面をご覧ください。