新型コロナウイルスの影響で外出の自粛ムードが続き、年末年始の帰省や旅行を控える動きも続く見通しの中、コロナ禍の消費者動向がお歳暮商戦へ変化をもたらしている。弘前市内の百貨店では、巣ごもり消費の拡大に伴い「プチぜいたく」を楽しめる自宅用ギフトへの反響が例年より大きく、感染症対策グッズをギフトに取り入れる事例も。関係者は「消費者のニーズを読み取り商戦を乗り切りたい」としている。
【写真説明】自宅用ギフトの需要増加に合わせ、品ぞろえを強化した産地直送コーナーの前で商品をPRするさくら野弘前店の山本和樹ギフト係長

※詳しくは本紙紙面をご覧ください。