新型コロナウイルスの感染拡大で打撃を受けた飲食店を支援する国の事業「Go To イート」のプレミアム付き食事券の販売が、県内では12月1日からスタートすることが26日、分かった。1冊当たり5000円の食事券を4000円で販売。本県事務局は26日、食事券を利用できる取扱店を掲載した公式ホームページを公開した。
 事務局によると、500円の食事券を1冊につき10枚つづりで計100万冊を発行する。発行総額は50億円。購入は1人1回につき5冊までで、12月1日、同12日、同20日と3回に分けて計100万冊を販売する。
 取扱店は今月25日時点で、県内の飲食店約900店舗、食事券の販売店は県内スーパーなど104カ所。弘前市内ではマックスバリュの安原店、岩木店、弘前城北店、樋の口店と、さくら野弘前店で販売される予定。販売日、販売時間は各店によって異なる場合がある。販売期限は来年1月31日までだが、売り切れ次第、販売終了となる。利用期間は同3月31日まで。
※詳しくは本紙紙面をご覧ください。