つがる市の認定こども園育実幼稚園(平田浩介園長)の園児が24日、同市森田町のつがる地球村「藤山邸」で和食のマナーを学び、食事に対する感謝の気持ちと作法を身に付けた。
 この日は園児18人と母親らが参加。食事を始める前に、何に手を付けようか迷う回し箸と汁物を滴らせる涙箸、食べ物を箸で刺す刺し箸の三つはマナー違反であることを学んだ。園児は母親と会話を楽しみながら、刺し身や煮物、汁物など酒宴の懐石料理を味わった。
【写真説明】食事をしながら和食のマナーを学ぶ親子

※詳しくは本紙紙面をご覧ください。