青森市の漫画家仁山渓太郎さん(31)による、本県の郷土料理などを題材にした漫画「津軽先輩の青森めじゃ飯!」3巻が秋田書店から発行された。深浦町の「深浦牛」を使った料理や津軽地方の冬の風物詩として知られる「干し餅」、弘前市の「華一風 特別純米酒」といった食や地酒を魅力たっぷりに紹介している。
 「津軽先輩の-」は、東京都から本県の新聞社に入社した女性記者が、青森の郷土料理に触れていく内容で、秋田書店が開設したウェブ漫画配信サイト「マンガクロス」で、月2回のペースで連載されている。
 「津軽先輩の青森めじゃ飯!」3巻は税別600円。全国の書店などで扱っている。
【写真説明】「津軽先輩の青森めじゃ飯!」3巻

※詳しくは本紙紙面をご覧ください。