県は23日、弘前保健所管内で50代男性の新型コロナウイルス感染を確認したと発表した。発熱やせきなどの症状があり、県内の医療機関に入院した。新たな感染者の確認は6日ぶり。県内で確認された感染者は累計で281人になった。
 県によると、男性の感染経路は調査中で、これまで判明している感染者との接触があったかどうかも確認中。県外への移動歴は現時点ではないという。県は弘前保健所管内の感染経路確認中の人数を4系統22人としていたが、今回の男性を加えて5系統23人とした。
 23日午後5時半現在で、10月12日以降に判明した感染者のうち、18人が入院しており、2人が重症で、今回の男性を含む4人が中等症。1人が宿泊療養中で、自宅療養、入院等調整中の患者はいない。220人が既に療養を完了している。

※詳しくは本紙紙面をご覧ください。