今夏以降、鯵ケ沢町の砂浜に突如出現し、県内外で話題を呼んだワニをはじめとする数々のサンドアート。その制作者は町出身で、20代前半の若者6人によるユーチューバーのグループ「West Coast Project(ウエスト・コースト・プロジェクト)」と判明した。町は20日、町の認知増進や活性化、経済発展に大きく貢献したとして、メンバー4人に町特別賞を贈った。特別賞受賞は女子相撲選手今日和さん、6月に死んだ町の人気犬わさお、その飼い主故菊谷節子さんに続き4件目。
 同グループは全員鯵ケ沢中学校の同級生で、弘前市の団体職員田中健也さん(22)と同市の大学生佐藤旭さん(22)、共に鯵ケ沢町のアルバイト山本椋太さん(22)、工藤豪さん(22)と諸事情から受賞を辞退した2人。7月以降、大型ワニ2体、小型ワニ1体、巨大タコ1体を作り上げ、特にワニは広くメディアで紹介されたほか、県外からも観光客が訪れるなど話題を呼んだ。町は表彰条例の規定に基づき、特別賞授与を決めた。
 グループによる制作光景は、動画投稿サイト・ユーチューブの「あいあああTV」で検索すると視聴できる。
【写真説明】賞状とサンドアートの写真を手にする(左から)山本さん、佐藤さん、田中さん、工藤さんと平田町長

※詳しくは本紙紙面をご覧ください。