19日の県内は南から暖気が流れ込み、各地で気温が上がった。弘前市で24・2度を記録するなど県内の観測地点11カ所で11月の観測史上最高を記録した。
 青森地方気象台によると、同日の各地の最高気温は青森市24・1度、五所川原市23・6度、鯵ケ沢町23・5度、黒石市23・2度、平川市碇ケ関21・7度など9月中旬から下旬並みの暖かさとなった。
 紅葉も終わりを迎えつつある弘前公園では、市民や観光客が脱いだ上着を持ったり、腰に巻いたりして小春日和の散策を楽しんだ。
【写真説明】上着を腰に巻いて弘前公園を散策する来園者=19日午後1時40分ごろ

※詳しくは本紙紙面をご覧ください。