県内では19日、新型コロナウイルスの新たな感染者は確認されなかった。新規感染者ゼロは2日連続。インフルエンザとの同時流行に備えた新たな診療体制について、県は月内にも運用時期を公表するとの考えを示した。
 19日現在の入院患者は24人で、うち2人が重症、4人が中等症。宿泊療養者は2人、自宅療養者は0人、入院等調整者は0人。療養完了者は212人となった。
 弘前市で発生した飲食店クラスター(感染者集団)の感染者が確認された10月12日以降の感染者のうち、同クラスター関連は191人(県外利用客5人含む)、感染経路不明49人、県外関連の感染8人。
 新たな診療体制は、かかりつけ医など地元の医療機関が新型コロナ疑いの患者を診療・検査するもの。19日現在で、県内の病院・診療所計154施設を診療・検査医療機関に指定している。