弘前市土手町の中三弘前店で19日、銘菓エリアのリニューアルや全館一斉の割引セールなどを行う「中三BIGフェスティバル」が始まった。開店直後から多くの買い物客でにぎわい、地下1階の銘菓エリアは人気のスイーツを求める人で長蛇の列ができた。27日まで。
 銘菓エリアには、県内外の人気スイーツをそろえる「デザートコレクション」を新設。東北初登場となる猫型のチーズケーキ「ねこねこチーズケーキ」を目玉に、大手電子商取引(EC)モールの年間販売数がロールケーキ部門で1位となった花月堂(岩手県)の「プランタンヌーボー」などの限定商品も販売している。同エリアには青果店直営のフルーツパーラーや国内外のクラフトチョコレートを扱うコーナーも開設。県内外のベーカリー4店舗の商品を日替わりで販売するイベントは23日まで開催する。
 全館一斉の割引セールは1~3割引きで行うほか、久留米絣(がすり)や絵画の特売会などのイベントも企画した。
【写真説明】銘菓エリアがリニューアルし、全館一斉の割引セールなども行われている「中三BIGフェス」。(写真は銘菓エリアに新設された「デザートコレクション」)

※詳しくは本紙紙面をご覧ください。