弘前市駅前3丁目のイトーヨーカドー弘前店が18日、リニューアルオープンした。生活雑貨専門店の「ロフト」と「無印良品」、妊婦・乳幼児用品専門店「アカチャンホンポ」といった大型テナントを導入し、10~30代への訴求力を強化。初日は約400人が開店待ちするなど、大勢の買い物客でにぎわった。
 17年ぶりの大幅改装となった今回のリニューアルでは、専門店街を拡充。1階はロフトと無印良品、眼鏡チェーン店「JINS」が入店。5階はアカチャンホンポのほか、寝具・インテリア雑貨専門店「西川ショップ スリープ・イン」が入った。
 地下1階フードコートは座席数を170席から250席に増やし、ゆとりをもって食事を楽しめる。食品売り場もベーカリーコーナーや鮮魚専門店「東研岩良」を導入するなど一新した。
【写真説明】大型テナントの出店でにぎわいを見せるイトーヨーカドー弘前店

※詳しくは本紙紙面をご覧ください。