ドイツ発祥の冬の祭りをイメージしたイベント「クリスマスマーケットinアスパム」が12月11~25日、青森市の県観光物産館アスパムで開かれる。開催は今回で3回目。食べ物やグッズなどを販売する屋外ヒュッテは前回より2棟少ない8棟を設置。検温の実施やマスク着用など新型コロナウイルス感染防止対策を行った上で開催する。
 今年は西側駐車場にクリスマスツリー(高さ約10メートル)を設置。ヒュッテではドイツ産のソーセージのほか、クリスマスにちなんだ輸入雑貨、オリジナルカードなどが販売される。
 期間中は函館市との連携企画として、ホテル宿泊券などが当たるスタンプラリーを開催。週末にはワークショップや音楽イベントも行われる。
 アスパムとその周辺エリアが、日本フォトウエディング協会から“プロポーズの聖地”と認定されたことから、カップルが公開プロポーズをして成功した場合、花火を打ち上げる企画も用意している。
※詳しくは本紙紙面をご覧ください。