青森市保健所は17日、新たに同市の40代女性の新型コロナウイルス感染が確認されたと発表した。女性は14日に陽性が判明した同市の40代男性の知人で、濃厚接触者に当たる。県内の感染者は累計280人となった。16日に感染が確認された同市の60代男性の濃厚接触者で、市内に住む同居人や職場関係者ら8人は全員陰性だったことも明らかにした。
 女性は少なくとも2週間前に男性と接触しており、13日から咳などの症状が出て、16日に帰国者・接触者外来を受診。17日にPCR検査を受けて陽性が判明した。症状は軽症で、市内の病院に入院している。
 60代男性の濃厚接触者について、市保健所は新たに職場関係者2人を検査したことも説明。検査結果の判明時期は未定とした。
 県によると、17日現在、県内では29人が入院しており、うち2人が重症、4人が中等症。宿泊療養者は2人で207人が療養を完了し、自宅療養中、入院等調整中の人はいない。感染経路確認中は前日から1人増え9系統49人。