勤労、保健衛生など8部門で功労のあった県民らの活動をたたえる県褒賞に、今年度は42人と2団体が選ばれた。
 県褒賞は公共の福祉の増進に功労があった人や県民の模範となる人を顕彰するため、1958年度から毎年行われている。
 例年実施している褒賞式は今回、新型コロナウイルスの感染拡大防止のため行わない。
※詳しくは本紙紙面をご覧ください。