2019年度の県内産地直売施設など164施設の年間販売額は前年度比2・4%減の125億1442万円だった。インバウンド(訪日外国人客)ら観光客の増加に伴って売り上げが伸びるなど、過去最高だった18年度に次ぐ高い水準を維持。1施設当たりの平均年間販売額は同2・4%減の7631万円だった。
※詳しくは本紙紙面をご覧ください。