団結して新型コロナウイルスに打ち勝とう-。弘前市役所前に設置されている、ラッパを吹く少年像「希望の奏」のマスクが新しくなった。マスクには、ピンクと黄緑のリンゴが4個ずつ刺しゅうされている。ペンダントのように首から下げたシールには「SAVE●HIROSAKI」「STOP!コロナ&差別」のメッセージが書かれており、道行く人に新型コロナ感染者への差別をやめるよう呼び掛けている。
【写真説明】コロナ差別の禁止を呼び掛けるシールと新しいマスクを身に着けた「希望の奏」
※●はハートマーク

※詳しくは本紙紙面をご覧ください。