新型コロナウイルスの感染拡大が全国的に続く中、年末年始の祭事への影響が見られ始めた。五所川原市や藤崎町で裸参りの中止が決まったほか、初詣を控える津軽地方の各寺社も対応の強化に追われる。寺社側は感染防止に万全を期す考えを示し、参拝客側にも各自の対策を求めている。例年であれば華やいだ雰囲気の年始も、来年は様変わりすることが予想される。
【写真説明】弘前市の多賀神社での今年の初詣の様子。来年は様変わりすることが予想される(写真上)、五所川原市飯詰地区で長年大みそかに行われている「裸参り」の去年の様子。今年は新型コロナ対策で開催を断念した(写真下)

※詳しくは本紙紙面をご覧ください。