本県と秋田県に展開する時計・ジュエリー販売業「金正堂本店」(本社弘前市、草木卓也代表取締役)の五所川原店(五所川原市布屋町)は14日、閉店に伴う最終処分セールを終えた。中心街に位置し、通称・ロータリーのランドマークの一つとして知られるが、マイカーの浸透など時代の流れを受け決断。12月中旬からは、リペア・リフォームを中心とした新店舗を同市中央4丁目に構える。
【写真説明】閉店する五所川原市布屋町の金正堂本店五所川原店。12月には同市中央4丁目にリペア中心の新店舗を構える

※詳しくは本紙紙面をご覧ください。