平川市観光協会(山田忠利会長)は、新しい生活様式に沿った旅行スタイルを整備する国の実証事業を活用し、遠くにいても魅力を体感できるオンライン体験プログラムを22日、12月20日、1月17日に、ウェブ会議システム「Zoom(ズーム)」を使って提供する。14日は県内のインフルエンサーを招いたモニターツアーを行い、観光地や体験プログラムを紹介しながら意見を募った。
 14、15日はインターネット交流サイトなどで情報発信するインフルエンサーを招待。初日は国指定名勝「盛美園」で、アニメ映画「借りぐらしのアリエッティ」のモチーフになったと思われる風景を紹介しながら散策。市が盛り上げようとしているサガリの焼き肉体験や、金屋地区の農家蔵見学なども行った。
【写真説明】新たなオンライン体験プログラムのモニターを行う参加者

※詳しくは本紙紙面をご覧ください。