カメラ用レンズなど光学機器製造のタムロン(本社さいたま市)は11日までに、国内の生産拠点である本県の弘前工場(弘前市、大鰐町)と浪岡工場(青森市)で働く従業員を対象に、計200人の希望退職者を募ると発表した。希望退職者の募集は28年ぶり。デジタルカメラ市場の縮小に加え、新型コロナウイルス感染拡大の影響による需要減を受けたもの。
【写真説明】新型コロナウイルス感染拡大に伴うデジカメ市場縮小の影響を受け、県内2工場で28年ぶりに希望退職者を募るタムロン(写真は弘前市の弘前工場)

※詳しくは本紙紙面をご覧ください。