10日の県内は冬型の気圧配置となり、津軽地方を中心に平地でも雪が降った。弘前公園では紅葉した木々がうっすらと雪化粧した。
 青森地方気象台によると、最低気温は弘前市が0.5度、黒石市が0度、平川市碇ケ関が氷点下0.8度と軒並み今季最低を記録し、11月下旬から12月上旬の寒さとなった。青森市では午前9時に積雪2センチが観測された。
 早朝の弘前公園では、色鮮やかな落ち葉や紅葉した木々にうっすらと雪が積もり、足を止めて眺める人や写真を撮る人の姿が見られた。
【写真説明】うっすらと雪が積もった弘前公園=10日午前7時30分ごろ

※詳しくは本紙紙面をご覧ください。