県内では8日から9日にかけて冬型の気圧配置が強まり、同日は上空に流れ込んだ寒気の影響で厳しい冷え込みとなった。弘前市内では一時みぞれが降り、傘を手に足早に歩く市民の姿も見られた。
 10日も冬型の気圧配置が続くため、津軽地方では雪や雨が降る見込み。
【写真説明】みぞれが降る中、傘を差して足早に歩く市民=9日午前11時15分ごろ、弘前市下白銀町

※詳しくは本紙紙面をご覧ください。