弘前大学人文社会科学部北日本考古学研究センターの特別展が9日、同大総合教育棟の展示室で始まった。今年は「館蔵資料特別公開 弘前大学の考古学」と題し、研究の歴史を振り返りながら、普段公開していない貴重な所蔵資料を一挙公開している。
 会場には、県内の遺跡から出土した遮光器土偶や結髪土偶のほか、国内外で有名な十字型土偶や「腕を組む土偶」なども展示。明治期の本県考古学の先駆者である佐藤蔀(しとみ)氏が描いた考古資料の画譜、幕末から明治期にかけての放浪画人蓑虫山人が描いた県内出土品の絵など、貴重な資料の数々が並ぶ。
 開催期間は30日までで、時間は午前10時~午後3時。
【写真説明】県内の遺跡から出土した「腕を組む土偶」

※詳しくは本紙紙面をご覧ください。