JFL昇格を懸けた全国地域サッカーチャンピオンズリーグ1次ラウンドは第2日の7日、栃木、兵庫、佐賀の3県で6試合が行われた。ブランデュー弘前FC(東北1位)は栃木県の下野市大松山運動公園陸上競技場でAS.Laranja Kyoto(ラランジャ京都、関西2位)と対戦し、1-0で競り勝った。1勝1敗で勝ち点3、グループA2位。
 決勝ラウンド進出に向けて絶対に落とせないブランデューは、序盤から攻勢をかけ、前半21分に高橋佳が右サイドからパスを受けると、身をひるがえしてシュートをたたき込み先制。
 後半は相手の攻撃も激しさを増したが、守備陣が体を張ってゴールを死守。そのまま逃げ切って勝ち点3を獲得し、ワイルドカードでの決勝ラウンド進出に望みをつないだ。
 1次ラウンド最終日の8日、ブランデューはグループA同率2位の北海道十勝スカイアース(北海道1位)と対戦。勝利した上で他グループ2位チームよりも成績が上回れば、決勝ラウンド進出となる。
【写真説明】前半21分、ブランデューは高橋佳(左手前)が鮮やかにシュートを決める=7日、栃木・下野市大松山運動公園陸上競技場

※詳しくは本紙紙面をご覧ください。