弘前医療福祉大学短期大学部の「介護フェスタ」が7、8の両日、弘前市のイオンタウン弘前樋の口で開かれており、介護職の仕事内容や面白さ、便利な介護用品などについてパネルで紹介している。
 今年は、新型コロナウイルスの感染拡大防止のため、予定していた若手介護福祉士によるトークショーやクイズなどの参加型イベントを中止し、パネル紹介だけとした。一方で、新型コロナの流行を受け「感染症対策~その時介護現場では~」と題した企画展示で県内施設における感染症対策や介護職員の取り組みについて紹介。買い物客らが足を止めて眺めた。
【写真説明】パネル展示などが行われている介護フェスタ

※詳しくは本紙紙面をご覧ください。