日本フットボールリーグ(JFL)昇格を懸けた全国地域サッカーチャンピオンズリーグ(地域CL)は6日に開幕し、栃木、兵庫、佐賀の3県で1次ラウンド6試合が行われた。弘前市のブランデュー弘前FC(東北1位)は、栃木県の下野市大松山運動公園陸上競技場で栃木シティFC(関東1位)との初戦に臨み、0-2で敗れ黒星発進となった。
 ブランデューは前半攻め込まれる場面も多かったが、守備陣が要所を締めて相手に得点を許さない。30分にはカウンターから相手ゴールを脅かすなど、一進一退の攻防を繰り広げた。
 後半10分には高橋佳が左サイドから切り込みシュートを放ったが、枠内に飛ばず決定機を逃す。すると同14分、相手にPKを与え先制を許した。同34分には自陣右サイドでミスからボールを奪われ、追加点を許した。
【写真説明】後半10分、シュートを放つブランデューの高橋佳選手(右)

※詳しくは本紙紙面をご覧ください。