全国知事会(会長・飯泉嘉門徳島県知事)のウェブ会議が5日開かれ、新型コロナウイルスに対応するための「地方創生臨時交付金」で都道府県の不足見込み額が6134億円に上っているとして、国に増額を求める提言をまとめた。同交付金について、本県の三村申吾知事は「(新型コロナの)影響の長期化で、県内経済は厳しさを増しており、交付額が十分といえる状況にはない」と地域経済の苦境を訴えた。
※詳しくは本紙紙面をご覧ください。