県は5日、料理研究家の大原千鶴さん(55)=京都市在住=に「だし活+だす活アンバサダー」の委嘱状を交付した。県内テレビ局の番組を通じて、県民の健康増進に対する意識を高めてもらう。
 だしを使った料理で有名な大原さんはNHKの料理番組「きょうの料理」に出演するほか、料理本を多数出版。だしのうま味で減塩する「だし活」の5周年イベントへの協力を機に出演番組などで県産食材をPRしている。
 アンバサダーとして、だし活、野菜に含まれるカリウムで体内の余分な塩分を排出する「だす活」の取り組みを支援。青森朝日放送(ABA)が来年1月13日から毎週水曜(午後11時10分~)に放送する全11回の5分番組「あおもりだし物語」で、蓬田村産トマトや小川原湖産シジミといった県内の特産品8種類を使った料理を紹介する。
※詳しくは本紙紙面をご覧ください。