JR東日本盛岡支社は4日、10月の東北新幹線(盛岡-八戸駅間)の利用者数は前年同月比43%減だったと発表した。
 9月と比べて10ポイントの増。利用者の割合が5割を超えたのは2月以来、8カ月ぶり。新型コロナウイルスの影響による落ち込みから脱し、回復傾向にあるとみられる。
※詳しくは本紙紙面をご覧ください。