果皮も果肉も真っ赤な五所川原市特産「赤~いりんご」を使用したフルーツポンチ「ごしょりんパンチ」が10月30日、市内17の全小中学校の給食に初めて登場した。児童らは、赤い果汁のジュレとフルーツを合わせたデザートを目と舌で堪能した。
 果汁はやや酸味の強い品種「御所川原」を使用。全小中学校で約3600食提供された。今年度中は12月と来年1、3月の3回、フルーツを変えるなどアレンジして登場する予定という。
【写真説明】ごしょりんパンチを味わう児童

※詳しくは本紙紙面をご覧ください。