五所川原市は2日、ふるさと納税返礼品として立佞武多制作者による絵画作品「稽古照今(けいこしょうこん)・神武天皇、金の鵄(とび)を得る」を新たに採用した。平成最後の大型立佞武多を題材としたもので、IT企業トラストバンク(本社東京都)が企画・運営するポータルサイト「ふるさとチョイス」への限定掲載を同日スタートした。
 絵画は額入りで外寸縦62センチ、横53センチ。画材は鳥の子紙(和紙)。寄付金額30万円に対する返礼で先着10点限り。福士さんは「コロナ禍に負けることなく『来年こそは』との合言葉で通常開催に向け取り組んでいる。来年は共に立佞武多を盛り上げましょう」とのコメントを出した。
※詳しくは本紙紙面をご覧ください。