弘前市のブランデュー弘前FCは、日本フットボールリーグ(JFL)昇格が懸かる全国地域サッカーチャンピオンズリーグ(地域CL)の開幕を目前に控え、市内で調整を続けている。2日は東奥義塾高校の人工芝グラウンドで紅白戦などに汗を流した。
 ブランデューは今季、東北社会人サッカーリーグ1部で2年ぶり2度目の優勝を果たし、3年連続で地域CLへの出場を決めた。1次ラウンドは6~8日に行われ、ブランデューは栃木県の大松山運動公園陸上競技場で、栃木シティFC(関東1位)、AS.Laranja Kyoto(ラランジャ京都、関西2位)、北海道十勝スカイアース(北海道1位)と決勝ラウンド進出を懸け戦う。
 2日の練習では、グループに分かれてのパス回しや紅白戦などでコンディションを整えた。
【写真説明】地域CLに向け調整を続けるブランデューの選手たち

※詳しくは本紙紙面をご覧ください。